大腸がんとは

大腸がんの初期症状

大腸がんにかかってしまった場合、最初のころは、どんな症状が起きるのでしょうか?それを知っておけば、少しは安心ですよね。がんになってしまったことは不運ではありますが、完治できるとわかっていれば治療にも意欲が沸きますよね?。また、便がとても細くなったり、健康時とは異なった便が続いて出ることです。また、怖いことに大腸がんが進行するまで何も症状が現れない時もあります。

 

反対に、転移が見られるような場合には完治が難しくなってきます。どのがんもそうなのですが、初期症状が出たころに発見されれば、その後の治療により、完全に治る可能性は高くなります。こうして本人の自覚症状がほとんどないうちに、検診で大腸がんが見つかったとしたら、それはラッキーなことでしょう。完治する可能性が高い状態でしょうから、まさに早期発見、早期治療が出来ます。

 

大腸がんも、どれだけ早期の段階で発見することが出来るのかが、命に関わるほど、かなり重要なポイントとなっています。血便が出たりして、検診に行ってみる機会が出来るのは幸運な方だと言えます。これはすべての方が必ずこのような症状が出るわけではありません。大腸がんの症状ですが、初期の段階では、まず血便が出る場合があります。

 

便の異常とはどういったことでしょうか?これは下痢、便秘を繰り返したりすることです。また便通に異常を感じたりします。次のような症状が出た場合は放っておかずに、早めに病院に行くことをお勧めします。

関連ニュース
ハーブティー専門店 尾城

 

 

 


今日のニュース 7月1日 16:13
「父は無実」訴え続けた30年
5月求人倍率 24年ぶり高水準

旬な最新情報を鮮度の落ちないうちにあなたへWeb-Go