学資保険のイロハ

学資保険とは

子どもの教育費は子ども1人につき幼稚園から大学まで約1千万円かかると言われています。
私立の学校に通ったり、自宅通学でない場合にはこれ以上の費用が必要となります。
このような大きな出費である教育資金の計画的な準備と、親が亡くなった時の保障のある保険が学資保険です。
学資保険は、子供保険とも呼ばれており、生命保険会社によって名称も異なります。

 

学資保険は、原則として子どもの父親若しくは母親が契約者となります。
その子どもが被保険者となって、親子でかにゅうする保険です。

 

保険会社によって内容は異なりますが、一般的に学資保険は次のような内容です。

 

・親子とも元気な場合には、入学時等に学資金や祝金が支給されます。
・親が死亡した場合、亡くなった後の保険料支払いが免除されます。
子どもが成人するまで育英年金や一時金が支払われる商品もあります。
・子どもが死亡した場合、死亡保険金が支払われます。

 

保険によっては、病気やケガの時の保障も付ける事が可能です。
教育資金に限定するのか、医療等の保障も付けるのかをかんがえ、各社の商品を比べて学資保険を選びましょう。

 

学資保険はかんぽ生命(旧簡易保険)や生命保険会社で扱っています。
保険会社によって形態が異なります。
0歳児の時から高校や大学の教育資金に対しての備えがあれば、進学時に入学金等の準備で慌てずに済みます。
子どもを授かったら学資保険のかにゅうをかんがえ、出産前に保険料や、いつまでの保障にするのかも比べて商品を選択しておくとよいでしょう。
関連ニュース
ハーブティー専門店 尾城