家電エコポイント制度

家電エコポイント制度とリサイクル法

今、家電製品のなかで一番注目を集めているのは、やはりテレビでしょう。
圧倒的な普及率を誇っており、もう新たに買うと言う人は殆どいないと言われているテレビ。

すなわち、殆どの家庭では新規購入ではなく買い替えと言う事になります。

 

その買い替え時期ですが、既にその時期となる事業が進んでいる事いうのは、言わずともわかるかとおもいます。
アナログ放送から地上デジタル放送への移行です。

 

其れからもう一つ、皆さんが家電に興味を示す材料となった制度があります。
其れは「エコポイント制度」です。

エコポイント制度というのは、エコをかんがえて開発されたグリーン家電を購入する事で得られるポイントです。
このエコポイント制度によって、様々なサービス、商品と交換する事が出来る「エコポイント」を取得する事が出来ます。

 

家電芸人やエコポイント制度によって、近年の家電は大きく様変わりしてきています。
何が一番変わったかと言うと、品揃えではないでしょうか。

これまでは、家電と言うととにかくコストダウンをと言う動きが活発でした。
実際消費者は、どの様に安く購入するかと言う事が大事でしたし、その需要に応える供給をするのが正しい家電のあり方だと言う認識がなされていました。

このエコポイント制度は、エコに関心を持ってもらう、実際にエコを行なうと言う目的で制定されたものです。

 

其れから、その様なエコポイント制度に先駆け、2001年4月1日から「家電リサイクル法」の制定がおこなわれていた事はごぞんじでしょうか。
近年、エコに対しての関心が高まるにつれ、この法に触れるチャンスも増えてきていますね。

 

家電リサイクル法の基本方針、定義等が制定されたのは、実際はかなり前の事です。
今から10年以上前の1998年12月まで遡ります。

其れから、2年半後の2001年4月に本格的に施行開始され、現在に至ります。
この家電リサイクル法の制定によって、一部の家電を廃棄する際にお金がかかるようになりました。

その為、この法律についてはあまり知らないと言う方も、実際にはその法律によって少なからず生活に影響を受けていると共に、エコに対しての活動を行っていると言う事になります。
関連ニュース

ネットビジネスWeb-Go

 

 

 

 


今日のニュース 5月24日 10:17
南海トラフ震源域 ひずみ蓄積
アイドル刺傷 2時間待ち伏せ

旬な最新情報を鮮度の落ちないうちにあなたへWeb-Go