がんと抗がん剤治療

抗がん剤は、日本でも50年くらい前からずっと使用され続けている薬です。副作用がまったく無いという夢のような抗がん剤が出てくることをみんな期待していますが、現実的には難しいようです。抗がん剤と言うと、副作用のことを一般の方でもよくご存知でしょう。そこが抗がん剤を使った治療の難しいところなのでしょう。副作用には、抗がん剤を投与して、すぐに出てくる症状もあります。

 

どうも副作用が強いイメージがありますよね。これは体内のがん細胞を死滅させる効果があります。また研究や開発も進められ、進化を続ける抗がん剤、またその種類も増えています。抗がん剤治療をすると決めたら、その副作用には耐えていかなければならないのですが、患者にとっては苦痛でしょう。

 

不思議なことに、同じ抗がん剤を同じ症状の人に使ったとしても、現れる副作用は、患者によって個人差が出てきます。また、時間が経ってから副作用が出るものもあります。そもそも、がんの治療法には、外科の手術や放射線での治療、化学療法、またはホルモン療法など様々な方法があります。ですが、やはり多くの抗がん剤は必ず副作用が伴います。

 

現在、がん治療に使用されている抗がん剤には、あまり副作用が現れないものもあるようです。がん治療を長く続けていたら、途中から副作用が出てきたというケースもあり、それは人それぞれのようです。もし抗がん剤治療を始めるとしたら、どうしても気になるのは副作用のことですよね。その中の化学療法に抗がん剤を使っての治療は含まれます。


関連ニュース

 

更新履歴