老後のお金

老後を迎えるシルバー世代に向けた保険の種類もさまざま、今や一人一人の環境に合わせてチョイスする時代です。今や世界的な長寿国のひとつにあげられる日本ですが、その平均寿命は男性で79歳、女性では85歳といわれます。また、昭和24年4月2日以降に生まれた男性の場合60歳で退職後、公的年金を満額受けられる65歳までの生活費についても備えておかなければなりません。

 

退職後、20年余りの老後を夫婦二人で過ごすことになります。しかし、それだけのお金を貯蓄や年金だけでまかなえる人はそう多くありません。例えば、夫:昭和37年のサラリーマンで60歳退職、妻:昭和40年生まれの専業主婦の公的年金の月額は、夫:厚生年金に36年加入、妻:国民年金に40年加入、40年間保険料納付済の場合では公的年金の受取額が21万円となります。

 

退職後の老後に年金以外の収入、あるいは十分な蓄えがないという人ほど、年金保険や医療保険の見直しを考えてみる必要がありそうです。また生命保険文化センターが行った調査では、ゆとりある老後を送るために必要なお金は約37万円が必要とも言われています。のんびり趣味や旅行、第二の人生にと商売を始める人も様々いることでしょう。

 

いざという時は、いつやってくるかは分からないものです。ところで老後に必要なお金はいくらかご存知ですか?総務省が発表した家計調査によれば、実際に高齢者世帯が必要とする生活費はひと月27万円とされています。そのため、その差額は自助努力で補わなくてはなりません。


関連ニュース

 

更新履歴