家庭菜園

マンションなどの庭の無いところでも、ベランダのプランターで小さい野菜などを育てることもできます。市場に出回っていない野菜なども数多くあり、それを選択してほしいものを作れるのも家庭菜園のメリットです。大抵は自宅で食する程度の量を小規模菜園で育て、とれたての新鮮野菜を自宅で食べます。また同じ畑でも季節ごとに違う野菜を育てることができるので、1年で何度か収穫を味わうことができるのも楽しみです。

 

近年はこのような家庭菜園を行う人が増えて、自治体や個人などが提供する市民農園を利用する人が増えています。会社員としての現役を引退した高齢者から若者まで幅広い利用が多くなっています。家庭菜園では、育てて収穫して食するという歓びを味わうことができます。市民農園では、家庭の庭やプランターなどよりも規模を拡大して野菜を育てることができます。

 

市民農園は通常3〜4月から利用開始となりますので、1〜3月に募集されることが多いです。ここでは家庭菜園の初心者の方が簡単に始められるプランターでの栽培をみていきましょう。また土壌も庭より良質なため野菜がよく育ちます。このようにして、家庭菜園は多くの人に親しまれるようになっています。

 

農園の管理者などから、栽培方法のノウハウを学べることもメリットとなっています。家庭菜園とは、自宅で家族や近隣の仲間と共に、畑や庭やプランターなどで野菜を育てることをいいます。農薬などの心配があれば、無農薬野菜に挑戦したり、珍しい野菜などにも挑戦することができます。そのため市民農園の倍率は高くなっています。
関連ニュース

 

 

 

更新履歴